ワイモバイルの良い点と悪い点

LTEのWiFiルーターというと第一に出てくるのはワイモバイル(旧イー・モバイル)だと思います。ここではワイモバイルの良い点、悪い点でまとめてみました。

ワイモバイルの良い点

まず、第一に使えるエリアが広いです。エリアマップを見てみるとWiMAXとそんなに変わらないと思われるかもしれませんが、エリアマップでエリア内と表示される場所でもWiMAXは圏外で使えなことが多々あります。これはWiMAXユーザーなら納得の意見だと思います。

WiMAXは通信方式の仕組み上どうしても建物内に電波が入り辛いので、仕方ないです。対してワイモバイルは携帯電話で使われているLTEなので、屋内まで電波がしっかり回り込んでくれます。WiFiルーターを移動中や出先で使う予定の人はWiMAXよりワイモバイルの方が圧倒的におすすめです。

ワイモバイルの悪い点

ワイモバイルの残念なところは3年契約が基本になってしまうことです。今まで2年契約だったのが、今は3年契約になってしまうので、気軽に他社に乗り換えることができません。

次にキャンペーン特典がWiMAXと比べると負けてしまう点です。WiMAXは色んなプロバイダが参入しているので、競争が激しいんですが、ワイモバイルはメインで3社ぐらいしかないので、どうしても見劣りします。

ワイモバイルでもキャンペーン比較は必須

そんな数少ないワイモバイルのキャンペーンでも比較は必須です。ワイモバイルはWiFiルーターの機種によって通信速度や使えるネットワークの種類が違うため、知らずに契約してしまうと失敗してしまうことがあるからです。比較するならこちらのワイモバイルのWiFiルーターキャンペーン比較をご参照ください。

快適に利用するためにできる環境整備は簡単

無線電波を受信して高速インターネットライフを手に入れられるモバイルWiFiルーターをより快適に利用するためには、心得ておくべきことがいくつかあります。

電波強度に関わることばかりですから、通信速度に直結すると言っても過言ではありません。もしも現在利用しているモバイルWiFiルーターについて通信速度が遅いと感じているのであれば、サービスを提供している会社ではなく身の回りの環境に原因があることが実に多いのです。

いくつか万人に当てはまりそうな環境のポイントを挙げますが、該当したからと言って悲観することはありません。ものの数秒で改善できる現象ばかりですから、誰でも即時的に快適な利用環境を整えられます。

まず留意するべきポイントは、モバイルWiFiルーターと自身との間に障害物が存在していないか否かです。たとえば、本棚や麩などといったように物理的な壁が見受けられれば電波強度を弱くしていると言っても過言ではありません。この状況を改善するには、自身もしくはモバイルWiFiルーターを動かして間に障害物が皆無になる環境を構築することが大切です。

しばしば通信が不安定になるときは、モバイルWiFiルーターの他に電波を発しているものがあると考えるのが妥当です。一般家庭に多いのは、ラジオ番組を聴いているときです。ラジオからは思いの外強い電波が発せられているので、モバイルWiFiルーターの電波と合わさってしまい通信が不安定になるというわけです。最も効果的な対策は、ラジオの電源を切ってしまうことです。

Wi-Fi設定には本当に疲れました

昨年末に、私の家では、携帯電話の電話料金が少し高いということで、ドコモのお店にいきました。それでお店のかたに、いろいろと相談したところ、お店のかたは、高いですねということを言われたんです。

その時にドコモ光はどうですか?みたいなことを言われたのですが、私はあまりピンときませんでした。携帯は私と妻はガラケーで、息子と娘はアイフォンなんですが、料金プランのことを説明してもらうのですが、今一わかりません。でも、ドコモ光で電話料金が安くなるのであれば、まあいいかと思い、申し込むことにしました。

それでWi-Fiと言いますと、自宅に機械を設置しなければならないようなことを言われたので、なんか面倒な気持ちになりました。設置は難しいですか?とききましたら、簡単にできますと言われましたので、それではということで、申し込みました。一週間後に、自宅の方へ、NTTの業者さんがきて機械を設置していったのです。確かに簡単に設置は済んだのですが、問題はここから始まりました。

設置完了後、設定というものは、申し込んだ本人がやらなければならなくなっていました。ところがこの設定は私にとっては物凄く難しいものでした。この設定に我が家は五時間くらいかけたあげく、最終的には、

カスタマセンターに電話して教えてもらうことにしたんです。でも、この電話がつながるまでなんと、一時間まちました。そこからまた一時間かかりました。

合計7時間費やしました。私は電話口で説明されるかたの対応には驚かされました。私が携帯の操作をなんども間違えても、根気よく教えていただきました。本当にお互い大変でした。

私は50歳ですが、これが高齢者だったらどうなるのだろうとか思いました。これってなんとか時間を掛けずにできるようになることを願います。

家でも外でも!

私は去年の春に引っ越しをしました。
それまでは家のWi-Fiネット環境で通信していましたが、それを次の物件でも契約するか新しく開設するかを悩んだ結果新しく開設しようと思っていました。料金プランを見ると月々6,000円程度かかりさらに工事費もかかると考えるとなかなかの出費だなと思い始めました。

その時に出会ったのがモバイルWi-Fiルーターでした。
私が契約しようと考えたのはWiMAX2+とゆうものでWiMAXの中でも一番新しい機種でした。でも一番気になっていたのは通信制限でした。

でも私が契約した料金プランはツープラスギガ放題とゆうもので月額通信の上限がないとゆうものでした。三日で3GBを超えると速度が遅くなりますが、それでもネットをしたり動画をしたりするのには全く支障がなく使えています。

この料金プランだと外にいてちょっと作業がしたいなと思ったときはもちろん家にいてがっつりネットがしたいと思っている時も何の心配もなく使用することが出来ます。そして一番大きいのは携帯料金とネット料金が格段に安くなったところです。

一か月のネット料金は以前は6000円に対して今は約4000円ぐらいで使えていますし携帯もパケ放題を解約したおかげで格段に安くすることが出来ました。
給料の安い私にとってはとても嬉しいことです。

料金も安くなりさらに家の外でも中でも気軽にネットをつなぐことが出来るようになり私の生活は大きく変わりました。

是非外で作業をする人やこれから引っ越しをして費用を安く抑えたいとゆう方は検討してみてもらいたいです。

タフさを認めてあげると利用機会が増す

屋外でちょっとした調べ物をしたり自宅内でスマホの通信量を節約するなどといった利用シーンが多いので、モバイルWiFiルーターはそれほどタフな仕様ではないと思われがちです。

ところが、実際はユーザーが思っているほど貧弱な構造を有してはいません。市販されている高価な無線ルーターと同等の機能を持っているモバイルWiFiルーターも多くあるので、まずは何ができるのかを確認して実践するのが良いです。そうすることによって、メインのインターネット接続媒体として利用することが可能だと感じるようにもなります。

複数の電子機器と同時に接続できる機能は、モバイルWiFiルーターにもあります。たいていは説明書に明記されているのですが、何も読まなくても初期設定が完了できてしまうほどユーザビリティに富んでいるので知らない人は多いです。

たとえば、クレードルにモバイルWiFiルーターを接続して有線ケーブルとパソコンを繋ぎます。続いて、無線電波を利用してスマホでインターネット通信が可能な状態にします。その結果、一度に二台の電子機器でインターネットを楽しむことができるのです。

複数台の電子機器と接続できるとは言え、注意するべきことが一つだけあります。接続中の端末のうちの一つにおいて、大容量のデータ通信を行えば他の端末に影響が及びます。

具体的な影響としては、通信速度が遅くなることです。しかしながら、もともと高速通信ができる点がモバイルWiFiルーターの良さなので気にするレベルではないと言えます。

ポケットWi-Fiを使ってみて。

自分は以前、ネット回線を自宅に引いていました。長らくADSL回線にしていて何かのきっかけで光回線に変えました。そして会社の移動の都合で光からADSLに戻しました。田舎すぎてまだ光回線が開通していない場所だったのです。そして熟考した結果、解約してポケットWi-Fiに切り替える事にしました。

家電量販店にて品定めして、結果,
UQ WiMAXにしました。キャンペーン諸々で格安だったのもありましたが、1番手頃だったのでこれにしました。

使い始めて4年ほどになりますが、色々と感じた事があるんで書き出してみます。

まずは持ち運びが可能なので引っ越しの時の面倒な手続きはいりません。また外出の際も便利です。

また携帯でWi-Fiを使えば電話代の節約にもなります。

インターネットの速度は正直に言えば遅い方なのでサクサク動く物が好きな人には勧めません。

逆にデメリット的な事は部屋の中によってはアンテナの数が少なくなるので
極端に速度が遅くなります。丁度良い所を見つければ問題も無いんですが…

また料金の引き落としがクレジットカードのみでしか出来ない事もかなり不便です。WiMAX以外の会社がどういう支払い方法か知らないのであまり強くは言えませんが、カードを持たないと使えないのか!と突っ込みたくなります 苦笑

自分はパソコンがノートパソコンなのでポケットWi-Fiが使いやすいですが、デスクトップ型の場合はオススメしません。

結論
パソコンはノートタイプを使用してパソコンの使用用途によっては使い勝手が良いという事です。